小径タイヤの空気入れが楽に!(原付バイクなど)

スポンサーリンク

小径タイヤの空気入れが楽に!(原付バイクなど)

原付50㏄や125㏄などの小径のバイクの空気入れが楽になります。

 

小径タイヤの空気入れの場合、空気入れの先端を無理やりバルブのところまでつっこんで苦労しながら空気入れているという方もいます。

 

私がそうでした。(汗)

 

 

こういった方におすすめなのがこちらです。

 

空気入れが楽になります。

 

 

キジマ(Kijima) エアーバルブエクステンション L型 90° 211-5241

 

 

 

原付に乗られている方ならわかるとおもうのですが、
普通の空気入れでは空気入れが不可能か、かなり苦労して、やっと空気入れができると思います。

 

私の場合、今まではフット式の空気入れをつかっていましたが、バルブに空気入れをはめるのが大変でした。

 

 

 

でも、このキジマ(Kijima) エアーバルブエクステンション L型 90° 211-5241を使って、楽に空気入れができるようになりました。

 

 

アマゾンのレビューを見ていると、1つ買って、

 

「空気を入れ終わったら外して次のタイヤにハメかえて空気を入れる」
という方もいましたが、

 

このレビューしていた方達も、外す時に空気が漏れると書いてあったとおり、キジマ(Kijima) エアーバルブエクステンション L型 90° 211-5241を外す時に、かなりの空気が漏れてしまいました。

 

 

気になるので追加注文してバルブに接続したままで使用しています。

 

 

 

ついでに、エーモン 6778 エアゲージを買いました。

 

 

持っている空気入れにはエアゲージが無く、いつも感覚で空気量を徴していましたが、やはりあると便利ですしね。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク