マジェスティS 1,000キロ走行後レビュー

スポンサーリンク

マジェスティS 1,000キロ走行後レビュー インプレ? 

マジェスティS購入後、1,000キロを走行しました。

 

 

新車購入から1,000キロ走行まで、車体や走りに関して特に変化はありません。

 

不具合や故障は1つもありません。

 

 

さすがヤマハのバイク!?

 

 

 

 

マジェスティSについて、すぐに思い浮かぶことは、

 

 

便利だということです。

 

 

ビッグスクーターのように大きすぎないので、取り回しが楽です。

 

買い物先の駐輪場にスムーズに出入りできます。

 

 

 

買い物にも利用できて便利です。
シート下のスペースにも入れれるし、袋を掛けれるフックがついているし、他にも。

 

詳細は割愛しますが、少なくても4袋~5袋は余裕です。

 

リュックを使えば6袋可能。

 

 

 

個人差はあると思いますけどね。

 

 

 

2段階右折をしなくていいというのも良いですよ。

 

 

原付の感覚でスイスイ走ることができて2段階右折不要、便利です。

 

 

 

 

1,000キロを走って感じるデメリット

やはり道路のデコボコに弱いといった感じです。

 

道路にあるマンホールとアスファルトの境などのでこぼこなどを通過してしまうと、「ガツンッ!」と大きなショックを感じます。

 

 

このあたりは原付の感覚と同じといった感覚です。

 

 

舗装されている道でも、工事を何回もしてあってアスファルトに段差が多かったり、マンホールが何個も連続している道を走っていると、乗り心地としても疲れるし、段差が気になってしまって神経も疲れます。

 

 

特に、マンホールがたくさん続いているような道を夜間に走ると、マジェスティSのライトでは段差を認識しにくいことがあるので、突然の段差のショックにびっくりしてしまうこともあります。

 

 

市街地や田舎でも、段差が多いところの走行に関しては満足できないですね。

 

 

250ccや400cc以上のバイクのタイヤサイズなら、これほど気にならないんですけどね。

 

 

ninja250やXJR400やCB400SFとかでは、同じ道を走った際にこれほど気にならなかったので。

 

 

 

 

 

それでも、購入費・保険料・税金・高速道路も走れるなどを含めて考えると、合格点です。

 

満足できます。

 

 

アクセルを回せば加速してくれるのでボアアップをしたいと思ったことはないです。

 

 

 

 

東海地域は10月の夜から寒い

10月の昼間はまったく問題ないですが、夜はもう寒いです。

 

防寒ズボンを履いて重ね着をする、首や袖口から風が入ってこないようにしないとキツイです。

 

近所にちょっとでかけるくらいならいいですけどね。

 

 

ちなみに、ナックルガードやスクリーンはつけていません。(汗)

 

これらをつければ上半身の寒さを軽減できます。

 

スクリーンをつけても車体との隙間から風が入ってきますが、軽減できます。

 

スクリーンのサイズにもよりますが・・・。

 

 

脚の寒さは防寒ズボンを履いたり厚手の靴下を2枚履いたりするしかないといった感じです。

 

 

 

ネイキッドなどの場合はエンジンのおかげでで寒さを軽減できますが、マジェスティSの場合はかなり寒く感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク