バイクカバーをして保管していたらクモの巣が!

スポンサーリンク

バイクカバーをして保管していたらクモの巣が!

乗らない時はバイクカバーをして保管しています。

 

 

乗り出す前に外して、ロックも外して。

 

 

たったこれだけでも面倒だと感じてしまうのに、さらに面倒なことを増やしてくれるヤツがいます。

 

 

 

ヤツ自体が気持ち悪くて、まとわりつく糸をだしてくれるヤツ、

 

 

 

蜘蛛(クモ)です。

 

 

 

 

 

こいつの被害にあった回数は数知れず。

 

 

ミラーのところに巣を作っていたり、キーの差し込み口周りに綿のように糸を大量にからめてあったり、

 

 

発進してからなんとなくシートをみたら、下から上ってきていたり。(汗)

 

 

 

本当に気持ち悪い。

 

 

 

そして面倒。

 

 

 

クモを追い払ったりスプレーで駆除したり、クモの巣を除去したり。

 

 

 

 

なにかいい方法は無いかなと気にはしていたものの、乗って帰ってくるとクモのことをすっかり忘れていて保管。

 

 

そしてまたクモ被害にあう、これの繰り返しでした。(笑)

 

 

 

 

 

ですが、毎年夏になると被害確率が上がり、さすがにウンザリしたのでこれらで対処しました。

 

 

 

 

はい、これです。

 

 

 

そのへんで売っていますよね。

 

 

見たことがありませんか?

 

アース製薬 クモの巣消滅ジェット 450mL

 

 

 

 

これをバイクカバーの外側全体と、内側全体にスプレーしておきます。

 

 

特に、バイクカバーの閉じ口となる部分の内側は入念にスプレーします。

 

クモが入ってくる部分になるので。

 

 

 

 

外側は、雨に濡れてしまえば効果は落ちてしまいますが、晴れていて濡れなければ効果を発揮してくれています。

 

 

バイクカバーの外側、ミラーとミラーの間など、糸をつなげれるところがあればクモは巣を作りますので。

 

 

私の場合はバイクカバーの外側もスプレーしています。

 

 

 

 

たったこれだけでクモの被害は無くなります。

 

 

バイクカバーの外側などで濡れてしまったり、効果のある期間1ヶ月位を過ぎなければ効果抜群ですよ。

 

 

注意することは、バイクの車体に噴射してしまわないことです。

 

 

塗装が変色してしてしまうことがありますので車体に直接噴射はしないほうがいいです。

 

 

バイクへのクモの巣被害防止としても効果抜群ですが、車庫の出入り口や天井など、クモが巣を作りやすいところに噴射しておくとクモがまったく巣をつくりません。

 

 

 

噴射するときは、噴射してバイクカバーが濡れない程度に軽くでOKです。

 

 

バイクカバーの撥水効果の低下などが心配な方は、不要な布にこのスプレーを吹き付けてバイクにかけておく方法でもOKです。

 

 

 

もう何本買ったことか、愛用品です。

 

アマゾンを利用している方であれば、買い物のついでに買えば安く買えます。

 

 

全国展開のスーパーやドラッグストアでは1058円(税込み)で売っていますが、アマゾンでは750円位から売っています。
(最新確認日2016年7月10日)

 

ホームセンターなどの特売商品になっている時よりもアマゾンのほうが安い気がします。

 

 

 

 

玄関周りや窓など、クモが侵入しやすいところに利用するのももちろん効果ありですよ。

 

 

クモもゴキブリと同じで、人間が玄関や窓を開けた瞬間に、人間に気づかれにくい高速であっというまに侵入してくるので、これを防ぐためにも効果ありです。

 

 

 

特に、玄関などのドア部分の上の部分や下の部分ですね。

 

 

 

 

 

ぜひ使用してみていかがでしょうか。

 

 

おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク