バイクライフ~バイク保険比較&バイク用品~

スポンサーリンク

クレジットカード払いでお得♪

保険料の支払い方法には、多くの保険会社でクレジットカード払い・銀行振込払い・コンビニ払いを選択できます。

 

 

クレジットカード払いにすることで、
■カード会社サービスののポイントやマイルなどをもらえる

 

■一括払いを選択することで保険料が割引される

 

■銀行振り込み払いやコンビニ払いのように、払い込む度に手数料がかかりますが、
クレジットカードでの分割払いは手数料がかかりません。

 

 

契約を希望する保険会社が、どういった支払い方法を受け付けているか、コンビニ払い等での手数料はいくらかかってしまうかなども検討材料にするといいと思います。

 

今後も継続して保険加入する場合は、払い込み手数料で大きな損となってしまいますので、
クレジットカードを所有している方はクレジットカード払いがおすすめです。

 

 

※クレジットカード会社や、保険会社によって異なるので必ず確認してみましょう。
 あなたにとってのお得な情報があると思います。

 

 

 

クレジットカードを作りたい方はこちら

 

イオンカードがおすすめです。

 

年会費無料♪

 

アメックスやダイナース、銀行系のカード等に比べて、発行してもらいやすいカードです。

 

 

持つなら「アメックスとかのほうがいい!」と思ったりして、
アメックスなど他のカード会社に申し込んでみてダメだったらイオンカードに申し込めばいいいと思う方がいるかもしれませんが、
もし審査通過しなかった場合、この記録は信用情報機関に半年間残ってしまいます。

 

申し込む方の属性によっては、これによってイオンカードの審査も通過しなくなる方もいます。

 

なので、喪明けの方や不安な方で、「まずは確実に最初の1枚が欲しい!」という場合、
イオンカードに申し込んでみることをおすすめします。

 

喪明けの方や不安な方で、「アメックス等のカードが欲しい」という場合、
イオンカードで支払い実績を1年前後つくってから申し込む方がいいです。

 

 

 

  イオンカード イオンカードセレクト
ゴールドカードへアップ 有り 有り
イオン銀行の口座引き落としボーナス 無し 有り
キャッシュカード機能 無し 有り
WAON機能 WAON一体型は有り 有り
WAONオートチャージ時 ポイントなし 200円ごとに1WAONポイント
人気度

 

 

メリットが多いのはイオンセレクトカードです。

 

しかし、イオンセレクトカードにもデメリットがあります。

 

■イオン銀行の口座を開設しなければいけません。

 

■クレジットカードの引き落としはイオン銀行口座となります。

 

 

私がイオンカードを申し込んだときは、セレクトとの違いをよくわかっていませんでしたが、
ポイントのことは特に気にしていなかったので、なんとなくイオンカードのほうを申し込みました。

 

イオンカードなので引き落とし口座は任意です。
(複数のネット銀行等の中から選択できます)

 

専用のサイトからアマゾンなどにアクセスしてから買い物をするとポイント倍増等の
サービスもあるので、損をしてるという意識はありません。

 

ポイントを少しでも多く欲しい方は、入会時ポイントプレゼントキャンペーンを実施している時に申し込むとお得です。

 

 

 

 

 

また、セブンカードプラスもおススメです。

 

セブンカードプラスは、どこで利用してもnanacoポイントが貯まってお得です。

 

 

こちらも、イオンカードと同じく流通系のクレジットカードですので、
パートの方・アルバイトの方・派遣社員の方・契約社員の方・専業主婦の方など、
発行してもらえる可能性は比較的高い方です。

 

 

 

どちらのカード申し込みにも大事なことは、申し込み事項に虚偽を書かない事です。

 

また、必須事項になっていない項目も、しっかり書いておく方がおすすめです。

 

キャッシング枠については、イオンカードの場合は30万円・40万円・50万円の3択から選択となりますが、
発行してもらえることを優先に考える場合は最少額の30万円で申し込むことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク